無店舗型性風俗特殊営業(デリヘル)


無店舗型性風俗特殊営業(デリバリーヘルス)

 無店舗型性風俗特殊営業とは
 いわゆるデリバリーヘルス(デリヘル)の事です。

 一般的に求められる書類は
 ・営業開始届出書
 ・営業の方法
 ・地図や図面
 ・事務所となる場所の権利関係を証明する書類(賃貸借契約書等)
 ですが、管轄の警察署(公安委員会)により、別に提出を求められる書類が発生する場合があります。
 ※ 受付所を設ける場合には、店舗型風俗店と同様の制限を受けますので、新規で受付所を設ける事はかなり難しいです。

 比較的簡単に始める事ができるのですが、性風俗と言う事もあり、一般的な賃貸事務所は貸してくれない所が多いです。
 また、性風俗と言う事もあり、代理申請を行っている行政書士も少ないです。
 営業を始める10日前までに届出が必要です。
 また、届出内容に変更が生じた場合にも、10日以内に届出が必要になります。
  ※ 届出内容とは、店舗名や受付用の電話番号だけでなく、申請人の住所や名前も含まれますので、それらが変わった場合も必要です。

 営業開始後は、不定期で警察が事務所を確認に来る場合があります。(特に待機所がある場合)
 警察はネットの書き込み等で違法行為(本番行為)を行っていないか等をチェックしているので、働く女性(または男性)には、異性との本番行為(性交)を行わないようしっかりと指導するようにしましょう。(申請人も処分されます!
 ☆ 外国人の場合、永住者、日本人・永住者の配偶者、定住者以外の在留資格では、この仕事をさせることはできません。(資格外活動でのアルバイトも不可)


店舗型性風俗店(ソープランド等)の営業と無店舗型性風俗店(デリバリーヘルス)受付所の営業が出来るのは、

東京と千葉においては、下のエリアのみとなります。

※ 病院や公共施設建設の影響で、新規開業は難しです。

【千葉県】


【東京都】



※上記エリア外で受付所を既得権営業をしている店舗は、

営業内容(受付所)の変更を行う事で、受付所営業が不可能となりますのでご注意ください。